脱水バランサー

基盤:私は今、猛烈に感動しております。

社長:洗濯してたようですね。

基盤:この、低反発ウレタンのを自動で洗濯・脱水・乾燥するのが長年の悲願でした。

開発:あれは、脱水時にドラムが暴れるので断念して足踏み脱水+自然乾燥でしたね。

社長:あぶみ式ってなんか聞いたことがあるような。ああ、あれはアプト式ですか。

基盤:基本的な問題は、なまじ洗濯槽のキャパが大きいので偏りが大きくなる、回転のモーメントで暴れるわけです。

社長:だって、容量的にはあの12kgのしか選択肢が無かったんですよ。自動乾燥を考えればドラム式しか無いですが、あのメーカーのはダンパーがよく出来てて静音だっていう評判だったし。温水泡洗浄でヒートポンプ乾燥。液晶のコンソールもなかなかよく出来てるし。夢の家電としてお迎えしたのですが。

開発:前の機種は、温風だけの乾燥なんで超加熱。緊急停止してドアを開けてもらうよう説得するのが大変でした。エラーメッセージじゃなくべエラーコードでしたし、何が不満なのかこちらにはわかりかねるというか。

社長:メールかSMSをくれても良いですね。

開発:ソーシャル?あるいはプロモーション?

基盤:でも、これはスカスカで回すから偏って暴れる。タオル1枚でもです。静かに回ってくれるのは、中身が空っぽのメンテナンス作業の時だけでした。

社長:足元のパンのあたりの足回りの強化とか、必要な経費は出せます。

経理:上限20LSUくらいでお願いします。

基盤:ていうかこの、台所の換気扇のヒーヒー言う音がヒジョーに嫌なのですが。なんとかなりませんかね。

経理:不動産屋さんに相談してみましょう。とりあえず切ります。

基盤;まあそういうことで、とりあえず洗えるものをかき集めて、毛布とかも詰め込んでみました。槽内満タン状態。

開発:いわゆるパディングですね。最近はCSSの夢をよく見ます

基盤:まあ、洗い始めて水を吸っちゃうと見た目ぺちゃんこなんですが。

基盤:さーて、それで回してみると。いかがでしょう。…。いつもならすすぎ用の脱水時点で断念途中棄権ですが、あっさりと通過しました。

経理:素晴らしい。

開発:これ、槽内照明が8秒くらいで切れてしまいますね。一番のハイライト観戦が邪魔されてしまう。何考えて作ってんですかね?

基盤:まあそこは、われわれの感覚とは違うユーザを想定してるんじゃないですかね。

* * *

基盤:そういうことで、最大の山場、乾燥開始前の脱水フェーズに到達しました。

洗濯:うーんんん、ひゅーんん、だっだっだ… だんだん!しゅーん。プシュう。

社長:結局暴れて断念したような・・・

基盤:いや、これからまたリトライが始まります。捲土重来です。今呼吸とバランスを整えているフェーズかと・・・おっとまた来た。

洗濯:うーんん、ひゅーんん、たったったた、シュイーンン、グッグッグーグルンンンンーーーゥゥン…ジャボジャボ。ゴボ。

開発:回りきりましたね。今のが1000回転の音?

基盤:しかし、乾燥フェーズに入ってから厳しい脱水に挑むのも不思議な気はします。せっかく液晶パネルがあるので、意図を説明して欲しいですね。まあ、脱水フェーズは通過してるから、普通に外に出して乾燥するのでも良いですが。

社長:何にしても、恐怖かつ不可能と思われていたウレタン洗濯がこのように楽しく心地よいものになろうとは。我社創立以来最大のブレークスルー・慶事ではないでしょうか?

基盤:ということで、ついに乾燥作業の低速回転に入りました。残り3時間40分。

開発:しかしこのウレタン、本当にこの中で乾くんですかね?外に出して乾かしたほうが良くないですか?

社長:まあ良いではないですか。めでたいので飲みに行きましょう。

開発:というか、中身が少ないと暴れるという話は良く聞くし、何か詰めれば良いとも聞いていたんですが、実際それだけで解決するとは。これ、自動的に水でバラストしてバランスとるとか出来ないんですかね?

経理:意味もわからず詰め込まれて洗われてしまう洗濯必要無いモノも気の毒ですよね。

社長:うーん。自動的にバランスを取るもの。回されるエネルギーも少しは回収したいものですが… 減速する時とか。

基盤:振動でイルミネーションするみたいなバランサーでどうですかね。槽内がすごくにぎやかで見てて楽しいのでは。

開発:ピエゾ+LEDででイケそうですね。でも、防水がどうなのか。

* * *

洗濯:ぴー ぴー ぴー ぴー

開発:ふあ?あ。あー、よく寝た。

社長:あれはモールス信号的には、ム ム ム ム、です。

基盤:乾燥終わりましたね。どれ。おー、ふかふかで槽内がパンパンに。

開発:すばらしい、ウレタンもちゃんと乾いています。

社長:うーむ、我社最高の家電を再発見しました。これぞ文明の利器。

— 2020-0706 SatoxITS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です